諸々日記

雑記を書くスペース → 小説置き場へと変貌中。→再び雑記置き場へ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

■ひき逃げ懲役刑を引き上げ、警察庁が検討開始

これだけ騒がれれば当然でしょう。

でも、本当に重要なのは、罰則の強化よりも、一人ひとりが「自分及び周りの人間に飲酒運転をさせない」という意識ですからね。
国が規制したからさあ安心だ、なんて思ってたら、飲酒運転(それ以外の犯罪も含め)は絶対なくなりません。

厳罰化が進む社会ってのは、悲しむべきことなんですけどね。


近年、様々な犯罪の発生によって厳罰化を望む声が増えてきてますが、それはいずれ自分の首を絞めることになるんじゃないか、と危惧しています。
飲酒運転は避けることのできる犯罪ですが、例えば人を轢いてしまうこと自体はどんなに気をつけていても絶対ないとは言い切れません。その場合、たまたま犯してしまった、故意ではない犯罪を、自分が望んだ厳罰で裁かれることになってしまいます。

国に権力を与えすぎると、最終的に手痛い目にあうのは民衆です。かの治安維持法も、もともと国民が望んだ上での成立だったようですし(資料がないので、間違っていたら申し訳ありません)。

国に規制を望むだけで自分は何もしようとしない人(福岡の三人死亡事件後も飲酒運転が続いているのをみれば明らかです)を見ると、どうも事態を対岸の火事として見ているのではないかと思ってしまいます。


と、今日はちょっとマジメに考えてみました。

スポンサーサイト

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

日記 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<休日 | ホーム | よっしゃー!!>>

コメント

ひいて逃げたことへの厳罰化だから、厳罰化でいいのではないのでしょうか?
今回は、ひいたこと事態を重くするのではなく
ひいて逃げる行為に対する厳罰化です。

故意ではなく、ひいて逃げるなんて状況はないと思うので、自分は厳罰化はOkだと思いますし、
飲酒事故の被害者側としては国に厳罰化をもとめ、
飲酒をおかした人にきちんとした制裁を与えて欲しいとうのは当然の権利だと思います。

厳罰化は国に権力を与えること、みたいな趣旨のコメントだと思うのですが
今までは国の権力によって、飲酒事故加害者を守っていた状況にあったと思いますので
今回の権力を与えた訳ではなく、いままで犯罪者を守ってきた権力を被害者のためにシフトしたんだと思いました。

まぁもはや飲酒事故は事故じゃない気がしますがね・・・・
2006-09-13 Wed 21:27 | URL | IT [ 編集 ]
今回の件に関しては、逃げた方が得になるという法のミスですので厳罰化は仕方ない事だと思います。

ただ、飲酒運転のみだけではなく、少年法とかいろいろな法律について厳罰化が叫ばれてますけど、その風潮が気に入らないんです(^_^;)
それじゃ何も解決しないんですよ。実際、死刑があるけど殺人事件はなくなりませんから。それに、加害者を死刑にしたところで遺族の気持ちがはれる事はないでしょう。自分で私刑にかけるなら多少は別かもしれませんけどね。まあ、せめて死刑くらいにはしてほしいという気持ちはわかりますが。
2006-09-14 Thu 00:18 | URL | アカツキ [ 編集 ]
でも、まぁ被害者からしてみらば、
軽い刑で罪を犯したものが平然としていたら許せないと思いますよ。
罪を犯して、さらに平然としてる犯人をさらに見ることは被害者にとっては二重の苦しみなので
厳罰により軽くなる思いもあるんじゃないでしょうか?
とまぁ話がそれそうなのでこのへんで。

ただ今回の飲酒事件(≠事故)でめんくらったのは
飲酒すると乗れなくなる車を自動車メーカーが本気で考えていることです。
これは、いただけませんよねー
乗れなくすりゃいいって問題じゃないよな・・・・
2006-09-14 Thu 00:57 | URL | IT [ 編集 ]
まあ死刑の存否なども含めて昔から議論の絶えない問題ですからね。難しいところです。

飲酒禁止の車の功罪についてはよくわからないのですが、自動車メーカーもこんな開発するとは思ってなかったんじゃないでしょうか。
エアガンが規制されたのと同じで、止めろと何度も言ってるのに止めない連中がいるから、法や制度で対応するしかなかったんでしょうね。
「厳罰化が進む社会は悲しむべきこと」というのはこういうことです。やらなければ制度も作らなくていいのにって。規制の多い社会ってのは、それだけ程度(道徳)が低いということですから。まあ講義で習ったことの受け売りですが(笑)むやみに厳罰化を叫ばれるのが嫌な理由のひとつかもしれません。なんか「うちの国は程度が低いんですよー」って自分で言ってるみたいで。

ともあれ、そういうわけで、「厳罰化は現状やむないことかもしれないが、根本的な問題としてまず個々人の意識改革が重要」というのが僕の意見です。事件が起きなければ厳罰も規制も必要ないですから。
2006-09-14 Thu 09:13 | URL | アカツキ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。