諸々日記

雑記を書くスペース → 小説置き場へと変貌中。→再び雑記置き場へ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

心の穴

自分の中にある満たされない気持ち、空虚な気持ちは、何かしらで埋め合わせをしないと生きていけない。

勉強、音楽、スポーツ、創作、何かに打ち込むのはそれがやりたい事だからだろうけど、その「やりたい」って気持ちと、心の中にあったであろう虚しさってのは、全部とは言わなくてもどこか繋がっているような気がする。それをする事に充実感を感じたから「もっとやりたい」って思ったんだろうからね。

ここからがふと抱いた疑問なんだけど、その空虚さを埋めるために打ち込むものとして、『恋愛』を選ぶのは果たしてどうなんだろう。
あるのか、ないのか。

人との繋がりに心を救われるのはある。
じゃあ心を救うために人との繋がりを求めたとして、それは幸せになれるんだろうか。

相性というのがあるから、いつかは自分を救ってくれる人に出逢えるかもしれない。
でも救われずに心の穴を大きくしてしまう危険も同じくらいあるだろう。

繋がりに救われるのと、救われるために繋がろうとすることの差はここにあるのかな。
失敗して自分で傷つけて、穴の深さに焦って、失敗して、また傷つけて。そういうスパイラルにはまる可能性があるということ。

一番問題なのは、相手がいるって事だよね。
前に書いたけど、他人の傷は外からじゃ埋められない。手助けはできても、傷を癒すのはあくまで自分自身。その重荷を相手に背負わせることになってしまう。
相手を巻き込んだ時点で自分一人の問題じゃないんだね。

この部分は付き合い方によっても差が出てくるんだろう。
尽くす事で満たされようとするならまだしも、尽くされる事で穴を埋めようとして、それで失敗してたら、ややもすれば相手の穴の方が広がってしまうんじゃないか。


ネガティブな考えばかりだけど、世の中には俺の知らない幸福の形があるはずだから、『恋愛』を心の埋め合わせにする良い方法もどこかにあるのかもしれない。

もしそうだとするならば。
俺もその方法を教えてほしいと、少しばかり思うのだった。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<5月病 | ホーム | 本当の意味では>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。