諸々日記

雑記を書くスペース → 小説置き場へと変貌中。→再び雑記置き場へ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

人として

感謝すべきことを感謝できないのは駄目だ。

当たり前?
でも考えてみればわかると思う。
好印象を持っていない相手から助けられても
「いやでも、あいつはこういう奴だし…」
と、素直に感謝できない気分になったり、そんな自分を正当化したことはないか。

たとえその後相手を憎むことになっても、
裏切られたと感じたとしても、
嫌いになっても、
自分に何かを施してくれた時の相手は善意だったはずだ。
当時の自分が、その善意に少しでも救われたのなら、その後の経緯や自分の好き嫌いで、当時の相手の気持ちまで否定してはいけない。
嫌いな相手から受けた施しも同じこと。
そこに『善意』が存在するなら、それは事実として受け入れなければならない。

感情のフィルターで歪めると、相手は
「せっかくやったのに…」
と少なからず不快になり、そんな相手を見て
「やっぱりあいつはこういう奴だった。感謝なんてしなくてよかった」
とほっとする、そんな負の螺旋が出来てしまう。
その螺旋を作っているのは自分なのに、その責任を相手に転嫁することになる。
それは、相手を嫌いになった経緯にどんな正当性があっても、自分を下げる行動であることは間違いない。相手を責める権利がなくなる。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<向き合うということ | ホーム | 人付き合い>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。