FC2ブログ

諸々日記

雑記を書くスペース → 小説置き場へと変貌中。→再び雑記置き場へ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

愛するということ

「自分を愛せない人に、誰かを愛することはできない」

よく言われるけど、そのとおりだと思う。

自分を愛せない人はありのままの自分を受け入れられない人だ。
それはつまり、究極的には自分のことばかり考えている人ということにならないだろうか。
まあこれは「自分のことが大好きな人」にも当てはまるのだけど。

自分のことしか考えない人は、誰かを愛することができるかどうか以前に、誰かを愛するべきでない。

他にも、自分の欠点を受け入れられないように他者の欠点を受け入れられないかもしれないとか、いろいろと理由は考えられるのだけど。
「自分を愛せない人に、誰かを愛することはできない」
もっともだなと思う、年末の昼日中なのだった。
何を考えているんだか(笑)

ちなみに、愛せない自分を超克しようと、誰かを愛する努力を重ねるのはあると思う。
人とのふれあいの中で、自身を受け入れる術を見つけることもできるだろうから。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<死期について考える | ホーム | 社会不適合>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。